プログラム

日 時
平成31年3月2日(土) 9:30~17:10、3日(日) 9:30~16:00
会 場
札幌市教育文化会館 〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
主 催
公益社団法人日本栄養士会 医療事業部
テーマ
Be ambitious!~フロンティア精神で挑もう! 食と医療の未来への道~

メイン会場

第1日目 3月2日(土)

時 間 内 容
8:30~ 開場・受付
9:30~
10:15
開会式
開会のことば 第38回食事療法学会学会長 山田 朋枝
挨拶 公益社団法人日本栄養士会会長 中村 丁次
  公益社団法人日本栄養士会常任理事 原  純也
来賓 北海道知事 高橋はるみ
  札幌市市長 秋元 克広
  北海道医師会会長 長瀬  清
10:30~
11:30
文化講演「アイヌ民族の食文化」
講 師: アイヌ民族文化財団
民族共生象徴空間運営本部 本部長代理
村木 美幸
座 長: 公益社団法人北海道栄養士会医療栄養士協議会会長 山田 朋枝
12:00~
13:00
ランチョンセミナー
13:30~
14:30
特別講演「変革期の病院経営の中、病院管理栄養士に求められるもの」
講 師: 渓仁会グループ  最高責任者、医療法人渓仁会  理事長 田中 繁道
座 長: 公益社団法人日本栄養士会医療事業部企画運営副委員長 石川 祐一
14:50~
15:50
教育講演「食事と体および心との関係 -食事療法のもう一つの視点-」
講 師: 札幌医科大学医学部
基礎医学部門講座 細胞生理学講座教授
當瀬 規嗣
座 長: 公益社団法人日本栄養士会医療事業部常任企画運営委員 宮崎 純一
16:10~
17:10
学術講演「糖尿病とがんの危険な関係~2つの病いを支える栄養士の役割とは?~」
講 師: 国立がん研究センター中央病院
総合内科(糖尿病腫瘍科)科長
大橋 健
座 長: 公益社団法人日本栄養士会医療事業部企画運営委員長 原 純也
18:30~ 情報交換会 会場:ホテルロイトン札幌

第2日目 3月3日(日)

時 間 内 容
8:30~ 開場・受付
9:30~
11:30
シンポジウム:
テーマ「在宅において管理栄養士に何ができるか~チーム医療の一員としての役割~」

「医師の立場から」
  医療法人社団佳生会こだま在宅内科緩和ケアクリニック
理事長・ 院長
児玉 佳之
「歯科医師の立場から」
  札幌西円山病院 歯科診療部長
北海道大学臨床教授 歯学博士
藤本 篤士
「看護師の立場から」
  こだま在宅内科緩和ケアクリニック 看護部長 北田 優子
「理学療法士の立場から」
  札幌東勤労者医療福祉協会 勤医協在宅グループ リハビリテーション部長/勤医協東在宅総合センター センター長 飯尾紗綾香
「管理栄養士の立場から」
  北海道栄養士会栄養ケア・ステーション西胆振 代表 川畑 盟子
座 長: 医療法人社団 佳生会
こだま在宅内科緩和ケアクリニック 理事長/院長
児玉 佳之
座 長: 日本栄養士会医療事業部常任企画運営委員 中川 幸恵
12:00~
13:00
ランチョンセミナー
13:30~
15:30
特別講演「医療ー介護ー地域」を栄養はどう繋ぐか~平成30年度診療報酬・介護報酬改定からみえてくること・管理栄養士に期待すること~
会員対話「栄養管理・栄養指導の連携強化で地域包括ケアシステムの一翼を担う~地域を「繋ぐ」実績を「作る」~
講 師: 厚生労働省保険局医療課(併任)高齢者医療課 増田 利隆
座 長: 日本栄養士会医療事業部企画運営副委員長 渡辺 啓子
15:50 次期開催県挨拶
第39回食事療法学会学会長(千葉県) 佐々木 徹
  閉会式 閉会のことば
第38回食事療法学会実行委員長 野村 稚里

口頭会場 教育文化会館 小ホール
示説会場 教育文化会館 研修室302

第1日目 3月2日(土)

時 間 内 容
  小ホール一般演題(口頭) 研修室302一般演題(示説)
    9:00~13:00
ポスター張り出し
セッションP1~P6
12:00~
13:00
ランチョンセミナー  
  13:30~14:30
一般演題(口頭)1
チーム医療
O1-1~O1-6 発表
座長2名
14:15~15:00(示説1~3同時進行による発表)
一般演題(示説)1
在宅栄養管理・摂食嚥下・地域連携
P1-1~P1-6 発表
一般演題(示説)2
栄養教育I
P2-1~P2-6 発表
一般演題(示説)3 
栄養教育II
P3-1~P3-6 発表
  14:45~15:45
一般演題(口頭)2
栄養管理Ⅰ
O2-1~O2-6 発表
座長2名
15:15~16:00(示説4~6同時進行による発表)
一般演題(示説)4
栄養教育III
P4-1~P4-6 発表
一般演題(示説)5
給食管理・食品衛生
P5-1~P5-6 発表
一般演題(示説)6
栄養教育IV
P6-1~P6-6 発表
  16:00~17:00
一般演題(口頭)3
給食管理/その他
O3-1~O3-6 発表
座長2名
16:45~17:15
ポスター撤去
セッションP1~P6

第2日目 3月3日(日)

時 間 内 容
  小ホール一般演題(口頭) 研修室302一般演題(示説)
    8:30~9:30
ポスター張り出し
セッションP7~P11
  9:30~10:20
一般演題(口頭)4
栄養管理II
O4-1~O4-5 発表
座長2名
10:00~10:45(示説7~9同時進行による発表)
一般演題(示説)7
栄養管理I
P7-1~P7-6 発表
一般演題(示説)8
栄養管理II
P8-1~P8-6 発表
一般演題(示説)9 
チーム医療I
P9-1~P9-6 発表
  10:35~11:45
一般演題(口頭)5
地域連携
O5-1~O5-7 発表
座長2名
11:00~11:45(示説10~11同時進行による発表)
一般演題(示説)10
摂食嚥下
P10-1~P10-6 発表
一般演題(示説)11
チーム医療II
P11-1~P11-6 発表
12:00~
13:00
ランチョンセミナー  
13:00〜
16:00
  15:00~15:30
ポスター撤去
セッションP7~P11

一般演題(口頭発表)

第1日 3月2日(土) 会場:札幌市教育文化会館 1階 小ホール

口頭 1 : 13:30~14:30 チーム医療

座長: 須永 将広( 国立病院機構 渋川医療センター )
石岡 拓得 ( 弘前愛成会病院 )
【O1-1】 入院時の食事摂取充足率と入院期間中のFIM(運動項目)の関係
笠舞 和宏( 大阪暁明館病院 )
【O1-2】 入院患者における日常生活動作と栄養状態との関係
餅 康樹(市立ひらかた病院 )
【O1-3】 摂食嚥下障害を伴う呼吸器疾患患者に多職種で関わった一症例
髙橋 クミ( JR札幌病院 )
【O1-4】 回復期リハビリテーション病棟における管理栄養士の役割
星 祐輔( ㈱日立製作所 日立総合病院 栄養科 )
【O1-5】 緩和ケアチームにおける管理栄養士の役割について
小嶋 奈津枝( 勤医協中央病院 )
【O1-6】 栄養士の病棟担当制の効果について
若原 三奈( 帯広第一病院 )

口頭 2 : 14:45~15:45 栄養管理 I

座長: 清水 陽平( ジャパンメディカルアライアンス海老名メディカルプラザ )
石井 宏明( 東海大学医学部付属八王子病院 )
【O2-1】 経管栄養管理における管理栄養士病棟常駐の効果
平良 佳奈( 済生会熊本病院 )
【O2-2】 股関節大腿骨近位部骨折患者における管理栄養士病棟常駐の効果
桑野 舞( 済生会熊本病院 )
【O2-3】 回復期リハ病棟におけるFOISと栄養状態、FIM関連について
ブラウン 章子( ちゅうざん病院 )
【O2-4】 統合失調症患者の栄養評価と栄養食事指導の効果
石岡 拓得( 弘前愛成会病院 )
【O2-5】 大腿骨頸部骨折患者の入院前の食生活背景が及ぼす影響
佐藤 文哉( 手稲渓仁会病院 )
【O2-6】 入退院支援室での栄養評価の取り組みについて
福元 聡史( トヨタ記念病院 )

口頭 3 : 16:00~17:00  給食管理 / その他

座長: 米原 恭子( 西能病院 )
茂木 正史( 日本海総合病院 )
【O3-1】 臨地実習による自己効力感の変化と実習内容の現状について
西川 祐未( 東北大学病院 )
【O3-2】 北海道胆振東部地震の際の減塩カレーの活用について
原田 康子( 北海道循環器病院 )
【O3-3】 食事に関する患者アンケート調査から~病院食の現状
中川 幸恵( 藤女子大学 人間生活学部食物栄養学科 )
【O3-4】 食生活習慣が味覚に与える影響に関する調査報告
菅原 文香( JCHO札幌北辰病院 )
【O3-5】 食物アレルギー食に関する業務改善の検討
加藤 かな江( 茨城県立こども病院 )
【O3-6】 栄養指標を中心としたデータとDPC入院期間の関連性の検討
中西 一起( 市立ひらかた病院 )

第2日目 3月3日(日) 会場 : 札幌市教育文化会館 1階 小ホール

口頭 4 : 9:30~10:20 栄養管理II

座長: 井上 小百合( 東金九十九里地域医療センター 東千葉メディカルセンター )
村山 美紀( 埼玉医科大学病院 )
【O4-1】 アルツハイマー病高齢者における認知症重症度別、身体組成・栄養指標に関する検討
本川 佳子( 東京都健康長寿医療センター研究所 )
【O4-2】 前立腺癌の低栄養状態にある患者の栄養介入をした一例
小笠原 志織( 武蔵野赤十字病院 )
【O4-3】 頭頸部癌化学放射線療法中の有害事象の頻度と経口摂取量への影響
北尾 緑( 徳島大学大学院 )
【O4-4】 消化器癌患者におけるEDC栄養不良診断と各種栄養指標との関連
青谷 望美( 徳島大学大学院 )
【O4-5】 外来における腎疾患患者の食塩摂取状況と骨格筋量の影響について
遠藤 薫( 武蔵野赤十字病院 )

口頭 5 : 10:35~11:45 地域連携

座長: 新谷 美智( 仁淀病院 )
中村 佳子( 明野中央病院 )
【O5-1】 富山県栄養士会医療事業部会員の地域連携に関わる業務実態
米原 恭子( (公社)富山県栄養士会 )
【O5-2】 栄養管理室における入退院支援参画への取り組み
田中 友梨( JCHO札幌北辰病院 )
【O5-3】 嚥下困難患者の経口摂取支援における居宅介護支援事業所との連携
山本 亜矢子( 東京都保健医療公社 荏原病院 )
【O5-4】 入院から継続した退院後の支援~医科歯科連携を考える~
近藤 さつき( 日本歯科大学新潟病院 )
【O5-5】 地域における栄養サマリーを活用した栄養ケアの取り組みと課題
熊本 登司子( 畿央大学 )
【O5-6】 アンケート調査からみえた栄養情報提供書のあり方
星野 裕子( 市立室蘭総合病院 )
【O5-7】 栄養情報提供書改定による効果と課題の検討
山本 あゆみ( 済生会熊本病院 )

一般演題(示説発表)

1日目 3月2日(土) 会場:札幌市教育文化会館 3階 研修室302

示説 1 : 14:15~15:00 在宅栄養管理 / 摂食・嚥下 / 地域連携

座長: 川畑 盟子( 公益社団法人 北海道栄養士会 栄養ケア・ステーション西胆振)
【P1-1】 訪問栄養で食事内容が安定している1症例
粂 結花子( 医療法人鉄蕉会 亀田森の里病院 )
【P1-2】 入院から在宅まで継続して栄養管理を行った終末期舌癌患者の一例
丸山 新人( 埼玉協同病院 )
【P1-3】 ヘルパーを対象にした料理教室~摂食嚥下の意識と知識は?~
田中 恭子( 北海道循環器病院 )
【P1-4】 食事情報提供書の使用状況と今後の課題
藤川 里美( 江別市立病院 )
【P1-5】 疾病患者における健康食品に対する意識と栄養士の役割
廣島 まりん( ベル薬局 )
【P1-6】 精神科デイケアにおける依存症患者の調理活動
小野 有希子( 旭山病院 )

示説 2 : 14:15~15:00 栄養教育 I

座長: 角 直子( 札幌禎心会病院 )
【P2-1】 糖尿病患者会の食事会における食事療法の実態調査および開催報告
中野 寛子( 武蔵野赤十字病院 )
【P2-2】 子どもと一緒に取り組むカーボカウント指導の検討
矢島 千佳子( 東京都立小児総合医療センター )   
【P2-3】 リブレを使用し血糖の改善を得た1型糖尿病患者の1例と課題
浅見 紀子( TMGあさか医療センター )   
【P2-4】 リブレ使用患者の栄養教育の実際
神田 暢子( 旭川赤十字病院 )
【P2-5】 糖尿病患者会「旭川大雪会」の活動~創立50周年を迎えて
長瀬 まり( 旭川赤十字病院 )
【P2-6】 糖尿病の栄養指導実施患者と精神科かかりつけ患者の動向について
日置 真穂( みどり病院 )

示説 3 :14:15~15:00 栄養教育 II

座長: 山田 美保子( 勤医協中央病院 )
【P3-1】 血液透析患者への摂取エネルギー量及び蛋白質量についての検討
元尾 彩香( 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 )
【P3-2】 糖尿病性腎症3期・4期で介入した糖尿病透析予防指導の実際
平藤 絵美( 医療法人社団清水内科医院 )
【P3-3】 腎移植後の体重増加に対し看護師と共同して栄養指導を行った一例
林 遼( 徳島大学大学院 )
【P3-4】 治療中断歴のある糖尿病患者における栄養教育の実際
中嶋 美緒( 旭川赤十字病院 )
【P3-5】 ミクリッツ病患者の継続栄養指導が血糖降下の一助となった1例
戸ノ﨑 琴子( 札幌医科大学付属病院 )
【P3-6】 生活習慣病外来における栄養介入効果の検証-BDHQ結果より-
横井 里美( 渓仁会円山クリニック )

示説 4 : 15:15~16:00 栄養教育 III

座長: 秋本 里加子( NTT東日本札幌病院 )
【P4-1】 「栄養の日」イベントを実施して見えた現状と課題
石原 美咲( 静岡県立こころの医療センター )
【P4-2】 健康活動提案ランチの提供に対する受診者の意識調査
三塚 琴美( 帯広第一病院 )
【P4-3】 ミニ講話は栄養障害改善に繋がるか ~「栄養の日」の取り組み~
只野 みね子( 社会医療法人かりゆし会ハートライフクリニック )
【P4-4】 ベジタリアンフードガイドの活用
服部 尚子( 修文大学 )
【P4-5】 より良い食事を提供するために~アンケート結果からの考察
吉田 郭子( 今金町国保病院・今金町介護老人保健施設 )
【P4-6】 クリニック内に併設された、栄養士が考えるカフェ運営
新垣 優子( ハートライフクリニック )

示説 5 : 15:15~16:00 給食管理 / 食品衛生

座長: 長原 冴子( 新ひだか町立静内病院 )
【P5-1】 ニュークックチル導入3年間の取り組みと今後の課題
髙間 絵奈( 藤田医科大学病院 )
【P5-2】 食事をあきらめてほしくない、そのための化学療法食
楠本 茜( 釧路赤十字病院 )
【P5-3】 入院患者における食事嗜好対応の是非について
佐々木 裕樹( 黒石厚生病院 )
【P5-4】 乳和食による減塩・低エネルギーメニューの提供
中林 智洋( 群馬中央病院 )
【P5-5】 食欲回復食の有用性の検討
荒川 朋子( 札幌医科大学附属病院 )
【P5-6】 病院調理場における拭取りアデノシン三リン酸検査法の有用性
青山 高( 静岡がんセンター )

示説 6 : 15:15~16:00 栄養教育 IV

座長: 石川 千春( 道立羽幌病院 )
【P6-1】 キャッスルマン病患者に対し継続的な栄養指導を実施した1例
高瀬 彩( 札幌医科大学附属病院 )
【P6-2】 上葉優位型肺線維症患者に対する栄養療法介入後の栄養状態の現状
佐々木 夏樹( 神奈川県立循環器呼吸器病センター )
【P6-3】 外来栄養指導における治療目標達成度に対する現状調査
鵜飼 真千子( 手稲家庭医療クリニック )
【P6-4】 乳がん術後の上肢リンパ浮腫患者における栄養指導の取り組み
太田 三貴( 武蔵野赤十字病院 )
【P6-5】 医療施設・福祉施設におけるDHA利用の検討
渡邉 和子( くらしき作陽大学 )
【P6-6】 心理的ケアを要した難治性褥瘡患者の1例
大城 美耶( 南部徳洲会病院 )

2日目 3月3日(日) 会場:札幌市教育文化会館 3階 研修室302

示説 7 :10:00~10:45 栄養管理 I

座長: 小林 知代( 市立札幌病院 )
【P7-1】 主たる栄養管理をTPNへ移行しQOLを維持できた一症例
豊﨑 祥子( 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 )
【P7-2】 当院におけるJ-DOIT3強化療法群への栄養指導介入の検証
三上 恵理( 弘前大学医学部附属病院 )
【P7-3】 入室から退院まで切れ目ない栄養介入を行ったICU患者の一例
塩井 建太郎( 奈良県総合医療センター )
【P7-4】 COPD患者の栄養管理を経験して~管理栄養士の役割を考える~
山本 智香( 勤医協中央病院 )
【P7-5】 直腸癌術後の排便障害に食物繊維を用いた食事療法が奏功した一例
古田 雅( 東邦大学医療センター大森病院 )
【P7-6】 重症心身障がい児の胃瘻栄養管理
鈴木 恭子( 静岡県立こども病院 )

示説 8 : 10:00~10:45 栄養管理 II

座長: 大川 朋子( 札幌中央病院 )
【P8-1】 当院の食物アレルギーへの取り組み
石黒 絢乃( 旭川赤十字病院 )
【P8-2】 栄養事務員配置による病棟栄養管理業務改善の報告
森田 梢( おもと会大浜第一病院 )
【P8-3】 睡眠障害のある患者の栄養管理を行いADLが改善した一症例
鈴木 道代( 医療法人臼井会田野病院 )
【P8-4】 リフレッシュ食の提供についてーアンケート結果よりー
舘川 美貴子( 西能病院 )
【P8-5】 入院時嗜好調査から見えた食事療法の課題
水野 光( 登別病院 )
【P8-6】 演題取消

示説 9 : 10:00~10:45 チーム医療 I

座長: 真井 睦子( 栗山赤十字病院 )
【P9-1】 糖尿病透析予防管理指導の効果についての検討
川本 美紀( 東海大学医学部付属病院 )
【P9-2】 糖尿病透析予防指導における当院での取り組み
芳賀 由子( 勤医協中央病院 )
【P9-3】 若年性糖尿病患者の通院行動の継続につながった看護師との関わり
西市 佳澄( KKR札幌医療センター )
【P9-4】 クリニック通院中の糖尿病患児への支援状況と病院栄養部との連携
金城 めぐみ( ちばなクリニック )
【P9-5】 SAP療法を導入した青年期の1型糖尿病患者との関わりについて
青木 聡之( トヨタ記念病院・トヨタ生活協同組合 )
【P9-6】 脳出血後遺症を有する透析患者への経管栄養による栄養状態改善                
米永 基子( (公社)福岡県栄養士会 )

示説 10 : 11:00~11:45 摂食・嚥下

座長: 木村 千恵理( 公益財団法人 北海道医療団 帯広第一病院 )
【P10-1】 嚥下調整食(コード4)の調理方法統一化の取り組み
中平 知美( 西能病院 )
【P10-2】 学会分類に準じた嚥下食改定に伴い食事摂取量が増加した一例
笠井 由季菜( 手稲渓仁会病院 )
【P10-3】 当院の嚥下造影用ゼリーについて~バリウム入りゼリーの作り方~
安部 訓子( ひたちなか総合病院 )
【P10-4】 看護師が適正な嚥下調整食を選択するための取り組み
久富 亮佑( 札幌医科大学附属病院 )
【P10-5】 高齢者嚥下障害の悪化を多職種協働により摂食安定へとした一例
佐藤 淑子( 介護老人保健施設いずみ )
【P10-6】 急性期病院における学会分類に準じた嚥下食立ち上げの取り組み
原 奈美子( 手稲渓仁会病院 )

示説 11 : 11:00~11:45 チーム医療 II

座長: 瀧川 博子( 独立行政法人 地域医療機能推進機構 北海道病院 )
【P11-1】 癌性髄膜炎を併発した肺癌患者へ継続的に栄養指導を行った経験
腰山 あかり( 勤医協中央病院 )
【P11-2】 栄養サポートチームにおけるリハビリテーション栄養の実践
塚本 和美( 盡誠会 宮本病院 )
【P11-3】 経過と共に認知機能が低下した知的障害患者への食事支援
大庭 ひとみ( 松ヶ丘病院 )
【P11-4】 味覚障害のある患者に対し、多職種の関わりが有効であった症例
山本 瑠美( 森山メモリアル病院 )
【P11-5】 低栄養患者における超高濃度経口栄養補助食品の有用性について
鈴木 由希子( 三宿病院 )
【P11-6】 回復期リハ病棟入院患者の体重推移とSMI、FIMの関連
平良 康子( 医療法人ちゅうざん会ちゅうざん病院 )
▲ページ上へ